口座開設 Android編

※必読(これをやらないと再度登録のやり直しになるので必ず最初に行ってください)

海外FX会社「XM」のリアル口座開設はとても簡単です。(おおよそ5分で完了!)

しかし、その前に必ずやらなければいけない設定があります。

『Cookieの削除』です。

これをやらずに口座を開設しても、XM開設の確認ができず登録のやり直しになってしまう可能性がありますので、口座を開設する直前に必ずやってください。

設定→プライバシーとセキュリティ

 →「Cookieを削除」+ 「履歴を削除」

20180805_150640.png

XM Trading口座開設

​準備は整いました、それではいよいよこれから口座開設に入っていきます。

口座開設はこちらから

20180804_200218.png

口座開設はこちらから

20180804_203257.png
20180804_211407.png

​メールアドレスは必ずGmailを使ってください。

(@softbank.ne.jpや@docomo.ne.jpなど携帯会社のアドレスは不可です。

XMは、英語で住所を打ち込むのですが、このJuDressは日本語住所を英語表記に変換してくれるサービスです。

もしよろしければご参考ください。JUDRESS

口座開設はこちらから

20180804_211536.png

口座開設はこちらから

20180804_211747.png

口座開設はこちらから

20180804_211857.png

口座開設はこちらから

20180804_212342.png

口座開設はこちらから

20180804_213155.png

口座開設はこちらから

20180804_213431.png

口座開設はこちらから

20180804_213551.png

口座開設はこちらから

20180804_213936.png

口座開設はこちらから

20180804_214855.png

以上でXMリアル口座開設完了です。

​XMリアル口座を開設した後は、高機能取引ツールMT4をXMからダウンロードを行います。MT4のダウンロードはこちら

20180804_215516.png
20180804_215615.png

本人確認書類提出

​いよいよ終盤です、ここからは本人確認書類を提出して口座を有効化します。

まずは先ほどのMT4IDと自分で決めたパスワードを使ってXMにログインします。

Image_386124e.jpg

するとこの画面になるので「こちらより口座を有効化する」をタップします。

Image_df9e6ba.jpg

するとマイナンバーをお持ちですか?と聞かれます。

現段階では特に提出しなくても問題ないので「後で知らせる」をタップしましょう!

Image_89ffc00.jpg

すると本人確認書類をアップロードする画面になるので「参照」をタップして本人確認書類をスマホで撮影するか、スキャナーでスキャンして画像ファイルをアップロードしましょう。

本人確認書類として使えるもの

・運転免許証

・マイナンバーカード

・パスポート

・障害者手帳

本人確認書類として一番スタンダードなのは運転免許証です。ついでパスポートですね。

どちらも持っていない場合は、マイナンバーカードを新たに作成するのが一番楽だと思います。

パスポートは発行にお金がかかりますので、海外に行く予定のない方が本人確認書類として作るのは微妙なところです。

有効期限5年のパスポートは1万1000円。10年のパスポートは1万6000円かかります。

なお、健康保険証は本人確認書類として使えません。住所確認書類としては使えます。

住所確認書類として使えるもの

・健康保険証(国民健康保険証もしくは住所が印字されている社会保険証)

・6ヶ月以内に発行された公共料金請求書(領収書)電気、ガス、水道、電話代など

・住民票

・運転免許証(身分証明書と併用は不可)

・印鑑登録証明書

・クレジットカード明細書(請求書)

・銀行の残高証明書

・納税通知書(領収証書)などの租税通知書

一番スタンダードなものは健康保険証です。

フリーランス、自営業、無職、フリーターなど、国民健康保険の方は、これを使えばOK。

会社員の方は社会保険証になると思いますが、住所が印字されていないとダメです。

裏面に手書きで住所を書くタイプの社会保険証だとアウトですね。

次に簡単なのが、公共料金の請求書。

水道代や電気代、ガス代、携帯電話の領収書 or 請求書でOKです。6ヶ月以内に発行されたものであれば問題ありません。

ただし、公共料金は口座振替やクレジットカード払いにしていると請求書・領収書どちらも届かないので注意しましょう。

その次に手軽な書類は、住民票です。

住民票の写しは、土日でも空いている窓口に行くか、郵送で請求すれば手に入ります。

銀行の残高証明書も手数料800円で発行できるので、オススメです。

メガバンクの場合、通帳とお届印、本人確認書類を持って窓口に行けば即日、発行してもらえます。会社の昼休みなどに銀行に行って、発行してもらいましょう。

ネット銀行の場合は、カスタマーセンターに電話することで郵送で送ってもらうことが出来ます。メガバンクでの窓口交付と異なり、発行まで1週間ほどかかります。

例えば、新生銀行の場合は、24時間365日受付を行っている新生パワーコールに電話すれば残高証明書の発行手続きが出来ますよ。

クレジットカード明細書は、最近はWeb明細書が基本なので、ちょっと難しいですね。Web明細書ですと本人住所が掲載されていない事が多いので…。

という訳で、住所確認書類で一番楽なのが保険証。

次いで銀行口座の残高証明書。

急ぎでなければ公共料金の請求書の到着を待って、それを使うようにしましょう。公共料金を口座振替やクレジットカード払いにしているなら、住民票を手に入れましょう。

ちなみに、本人確認書類をパスポート等で済ませている場合、運転免許証を住所確認書類として使うことが出来ます。

本人確認書類と住所確認書類、どちらも運転免許証…というのは出来ませんが、運転免許証があれば、どちらか1つを免許証で済ませることが出来ます。

運転免許証が一番万能な身分証明なんですよね。

パスポートと免許証を両方持っている方は、パスポート+運転免許証が一番楽ですよ。

Image_2d70d5d.jpg
Image_8fdc58a.jpg

本人確認書類をアップロードすると、1営業日~3営業日以内に運営サポートが確認&有効化を行います。書類に不備があった場合はメールで連絡が来ます。

ここまでで、口座開設は終了です。【MT4のID】をスクショしてお送りください。

※まだ作業は終了していません。

口座開設の確認が出来次第、次の作業の連絡をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました