VPSの契約

※ このページではパソコンでの設定方法になりますので、スマホの方はこちらからリモートデスクトップというアプリを使い設定をしてください。​手順は下記の作業と全く同じです

※必ずこのページの「VPSの契約」「電話認証」「ログイン」を完了させて下さい。

リモートデスクトップ

EAを使うためにはVPS(Virtual Private Server)というものが必要になります。

なのでまずVPSの契約をしていきます。

このVPSとは日本語に訳すと【仮想専用サーバー】となります。

わかりやすくまとめると、ネット上にもう1台パソコンを持つということです。

なぜFXの自動売買を行うのにVPSの契約が必要なのかというと、完全自動化するためにはVPSが不可欠です。

自前のパソコンで自動売買を完全自動化する場合、24時間インターネットに接続し、かつパソコンの電源を入れたままにしておかなくてはいけません。

しかし、インターネットが切断されたり、停電によって自動売買が停止するリスクがあります。

VPSと自動売買ツールでトレードを行う場合、VPSへWindowsをインストールし、そこへ自動売買ツールを導入することで完全自動化が可能になります。

 

VPS契約はこちら

※ LINE画面からではなく、Safari・Googleで開いて下さい

 

 24時間自動売買が可能になる 

VPSは自分で強制停止したり、サーバーに障害が起こらない限りは24時間稼働しています。

このため、MT4などのシストレ用ツールと組み合わせることで、完全自動化されたシストレが可能になるのです。

アルゴリズムに沿って24時間取引されますので、寝ている間にツールが自動で収益を上げてくれるメリットもあります。

 リスクを低減できる 

また、VPSなら停電やシャットダウンなどのリスクも低減可能です。

それぞれのVPSはサーバー会社などが管理しているため、安定してシストレ用ツールを稼働できる点も魅力と言えます。

ただし、VPSも障害やメンテナンスで一時停止される場合があります。

MT4も同様に停止してしまいますので、これらの情報は日頃からチェックしておきましょう。

メンテナンス後は、手動でMT4を再起動しなくてはいけませんが、VPS側で自動ログオン設定やMT4の自動起動設定を行えば手間を省けます。

 VPSで完全自動化 

MT4のようなシストレ用ツールは、あくまでトレーダーに代わって売買注文を出すに過ぎません。

停電などが一度起これば、自動売買は即座に停止されてしまいます。

24時間完全自動化された取引を実現するなら、VPSとの組み合わせが必須と言えるでしょう。

興味がある方はもちろん、安定した環境でMT4などを運用したい方は、VPS上でMT4を使うと良いでしょう。

設定に多少の知識が必要ですが、設定さえしてしまえば24時間自動売買を実現することが出来ます。

いわゆる不労所得ですね、このステップを乗り越え確実な資産構築をやっていきましょう。

   

お名前.com [Windowsディスクトップ]

   

これから契約していきます。

申し込むのは1GBで十分です、1GBを申し込みましょう。

​~注意~

間違ってライトプランの申込みはしないでください。

ライトプランを契約してもVPSは使用できないので無駄になってしまいます。

;;;.jpg

まとめ払いが少し安くなりますが、はじめは1か月払いでいいと思います。

20180830_144151_edited.png

​続いて会員情報の入力を行います。

20180830_144406.png

そして入金方法を選択し決済を行います。

​おススメはすぐに反映されるクレジットカード決済です。

​クレジットカードがない方はコンビニ払い、銀行振込、請求書にて支払いを行ってください。

VPSの契約が終わると会員IDが記載されたメールと、電話認証URLが記載されたメールが1通ずつ届きます。

​これを基に電話認証を完了して頂き、Internet Explorerを開きログインして頂きます。

20180822_165234_edited.png

VPSの契約が終わると会員IDが載ったメールが届きます。

​これを基にInternet Explorerで開いてログインをしていきます。

Internet Explorerで開いていただく前に必ずこの作業をお願い致します。

お名前.comから送信された2通目のメールの[ お申込み確認 ]を開いて頂き、電話認証手続きを必ずお済ませください。

_.jpg

​※電話認証手続きに関しましては下記URLよりご覧ください。

電話認証手続きに関してはこちら

1_edited.png

会員IDと登録時に決めたパスワードを入力してログインします。

必ずInternet Explorerで開いてログインをしていきます。

20180822_195535.png

​ログインしたら下に移動すると、【 デスクトップクラウド 】というものがあるので、これをクリックします。

w_edited.png

コントロールパネルURLをクリックします。

ww_edited.png

そして上記のアカウント名とパスワードを入力してログオンを押します。

www_edited.png

そして、リモートデスクトップを押します。

wwww_edited.png

次に、Webブラウザーで開く を押します。

wwwww_edited.png

​最後に接続を押せばVPSに繋がります。

20180822_222022_edited.png

最初に入っているこの3つは使わないのでゴミ箱に捨てて、ごみ箱を空にしておきましょう。

wwwwww_edited.png

ここまででVPSの導入は終わりです。

​ここからEAのソフトのダウンロードをしていきます。

1月後半以降にVPSを契約した方は上記方法と接続方法が異なるのでこちらをご覧ください。

最新版リモートデスクトップ接続方法

S__5406740.jpg

この画面が出てきた時の対処法はこちら。

error01.png

リモートデスクトップに接続できない方はこちら

S__5578754.jpg

リモートデスクトップに接続できない方はこちら⑵

次はEA(改)ソフトダウンロード方法へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました